今使われているお金でも価値のあるものはあります
古銭というと昔のお金というイメージが強いですが、現在使われているお金でも古銭として価値があるものがあります。10円玉は普通に流通していますが、昭和26年から昭和33年まで製造されていた通称ギザ10と言われるタイプは価値が高い古銭です。これはデザイン性を重視するほかに、当時まだ価値があった10円の偽造を防止するために行われました。特に昭和32年と昭和33年のものは発行枚数が少ないので価値が高くなっています。さらに未使用か使用済みかで極端価値が変わってきます。もし家に大量に10円玉があるならば、ギザ10かどうか確認してみるといいです。ギザ10なら保管状態をきちんと考える事が大事で、コインケースやアルバムできちんと保管しておく必要があります。他のコインと一緒にしておくと、ぶつかり合って傷が付いてしまう可能性があります。きちんと保管された状態の価値ある年の10円ならば、額面価格の10倍以上になる事もあります。